4号機レベラー 堺浜工場 大型レベラー(国内最大級)
板厚25mm×板幅2,170mm
月産10,000トン

アンコイラー(コイル導入部)
パイラー(製品集積部)

国内最大級レベラー

板厚25mm×板幅2,170mm、月産10,000トンの生産加工能力をもつ国内最大級のレベラーです。

平坦度向上

強圧下を掛ける事により内部応力を最大限除去(90%以上)できる構造となっています。そのため、平坦で高精度なレベラー加工製品に仕上がります。
溶断加工をしても、ひずむことなく平坦を保ちます。

スケール対策

スケールは押しこみキズや二次加工時のトラブルの原因となります。
対策としてエアーブローや、スケールブレーカーと集塵装置によりスケール除去処理を行っています。
そのため、板表面にスケールが少ないのでレーザーやプラズマ切断にも最適です。

多彩なカットサイズ

長さ1,800mm~12,200mmまでの加工能力を生かし、ニーズに合わせたコイルカット特有の多彩なサイズに対応します。
集積の自動パイラーでは注文に応じて一枚ずつからでも千鳥積みの梱包が可能です。

高い生産性

板厚25mmでもラインを止めずに連続切断をするフライングシャー、払い出し作業中でも連続して流れてくる製品をパイラー内で仮受けすることで、ラインを停止することなく、より短時間での作業効率化を図ります。

省エネルギー化

モーターダイレクトドライブ型のフライングシャーを導入している為、クラッチ&ブレーキ等が無くエネルギーロスがほぼ発生しない等、省エネルギー設計をしています。

1号機レベラー 大浜鐵鋼センター 板厚12.7mm×板幅2,170mm
月産10,000トン

レベラーオペレート作業
製品搬出作業

薄板対応レベラー

板厚1.6mm~12.7mm×板幅2,170mm、月産10,000トンの加工能力があります。
四つのレベラー部を備えており、その内、板厚6.0mm以下を目安とする薄物対応のライトレベラーと6.0mm以上の厚物対応のヘビーレベラーにより、幅広い厚みの加工を可能にしています。

自動化処理による高い生産性

レベラー入側の母材コイルを四つ同時に準備できるコイルストレージ、出側の結束・段積みまでオンラインの自動化装置、当社最速のラインスピードにより、高い生産性も併せ持っています。

3号機レベラー 大浜鐵鋼センター 板厚22mm×板幅2,170mm
月産10,000トン

表面目視検査
鋼板製品

大型レベラー

板厚2.8mm~22.0mm×板幅650mm~2,170mm×長さ914mm~12,700mmまでの広範囲な加工ができる国内でも屈指のレベラーラインです。

蓄積データによる精度の高い加工

蓄積された当社独自のデータを基に、ラフ・ヘビー・ライト各レベラーを板厚や材質によって使い分けることにより、フラットな鋼板に仕上げることができます。

幅広い鋼種に対応

普通鋼はもちろんのこと、高張力鋼や特殊鋼などの硬質材も得意としています。

スケール対策

スケールブレーカー2基とエアーブローにより、浮遊スケールの除去処理を行っています。

NEXT 加工