三幸金属工業所は大型レベラーによる
厚中薄鋼板・縞板の加工・販売を主とした
関西のコイルセンターです

 

 

   

HOME > 会社案内 > 沿革-copy
■ 会社案内

 沿革

 

努力と苦労の下積み時代

 

ちょっと光が見えてきた下積み時代

 

コイルセンターの仲間入り時代

 

コイルセンターとしての飛躍時代

 

 
努力と苦労の下積み時代

 

 昭和32年   3月  大阪府堺市長曽根町にて楠本工業所を設立し、プレス加工 開始

 

 昭和39年   8月  株式会社三幸金属工業所 設立

 

楠本雄宏社長 少年時代

資本金300万円をもって楠本工業所から

株式会社三幸金属工業所に改名する

 

 昭和43年   3月  鋼板販売とシャーリング加工の兼業 開始 

 

↑ ページトップへ 

 

 

ちょっと光が見えてきた下積み時代

 

昭和45年   6月  資本金1200万円に増資

 

昭和45年 12月  本社 移転

堺臨海工業地帯に本社を移転し、
シャーリング設備、及びプレス機を増設する

 

昭和49年 12月  資本金2000万円に増資

 

昭和54年   1月  小コイルのレベラー加工設備 新設

 

昭和56年 10月  新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の発生品加工工場の認定を受ける

 

昭和59年 10月  資本金4000万円に増資

 

昭和63年   4月  新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の一級加工工場の認定を受け、

                           コイル及びシートの加工販売 開始

 

平成  1年   4月  新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の関西地区の於ける

                           縞鋼板の販売拠点としての認定を受け、縞鋼板の加工販売 開始

 

↑ ページトップへ

 

 

 
コイルセンターの仲間入り時代

 

平成  4年 4月  和歌山工場 建設

和歌山県の企業誘致により
広川町に工場を建設する

 

平成  4年 4月  ジャンボレベラーライン 新設

ジャンボレベラーラインを新設する

 

平成  5年 7月  レベラーラインを和歌山工場に移設改造し、主力工場としての体制を確立

 

平成  8年 6月  和歌山工場のコイルヤード 増設

 

平成13年 7月  和歌山工場にレベラーラインを新設し、同時にコイルヤード 増設

 

↑ ページトップへ

 

 

 
コイルセンターとしての飛躍時代

 

平成15年 9月  大浜鐵鋼センター 設立

大浜鐵鋼センターを設立し、新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の各製鐵所から海上輸送で母材コイルの受入れを開始する

 

平成17年 2月  ジャンボレベラーラインを大浜鐵鋼センター 移設

 

平成18年 1月  ロータリーシャーラインを大浜鐵鋼センターに移設し、主力工場としての体制を確立

 

       1月  本社事務所を大浜鐵鋼センターに移転

主力工場としての体制が整った
大浜鐵鋼センターに、本社事務所を移転する

 

全ての機械を移設したことにより、
和歌山工場は倉庫として運用する

 

平成23年 5月  堺浜工場 設立

堺市匠町に堺浜工場を新設する

 

平成27年 9月  大浜第二鐵鋼センター 設立

在庫を保管するための倉庫として運用する

 

約2,000トン積の運搬船が着岸可能な桟橋により、新日鐵住金株式会社の各製鉄所から海上輸送での母材コイルの入荷を可能にしている

↑ ページトップへ

 

 

 

株式会社 三幸金属工業所                                                  HOMEアクセスご利用にあたって

本社・大浜鉄鋼センター 〒590-0977 大阪府堺市堺区大浜西町6-2 TEL:072-222-5744 FAX:072-222-5988

Copyright(c) SANKO KINZOKU CO.,LTD. All rights reserved.