三幸グループ | 株式会社NASSH

  

    

■ NASSH

 

  

ご希望の厚みに仕上げます

知ってください  NASSHの冷間圧延!!

 

冷間圧延とは?

 

 

 

常温のまま上下ロールの間に熱間圧延(酸洗)コイルを通して圧下し厚みを薄くする

 

 

冷間圧延4つのメリット

 

 

 

 

 

板厚精度に優れ、厚みレンジ

0.06m/m(±0.03m/m)が可能。

 

表面は平滑で美しく、メッキ仕上げの

下地加工が不要の為コスト削減。

 

圧下する事で表面硬度が上がり、

摩耗に強くプレス加工しても

カエリが出にくい。

 

 

圧下する事で、全長が伸び

製品生産量が向上。
但し、幅は一定に保たれる。 

 

↑ このページのトップ ↑ 

タンデム圧延機開発への道のり

 昭和61年、新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の指導を受け開発しました。当時は研磨することによって指定の板厚に仕上げ、また硫酸洗いやショット加工で表面をキレイにしていましたが、この方法では「時間もコストもかかって、ロスが多いな・・・」と考え、圧延に目をつけました。
しかし、当時の圧延は板圧延のリバース式が主流で、何度も繰り返し圧延機にかける為、こちらも時間もコストもかかってしまう・・・、これからはコイル圧延だ!しかも一度の加工で精度を出したい!

この発想から生まれたのがこのタンデム圧延機です。

世界一の自転車部品メーカーとの取引
現在、世界で自転車部品トップメーカーの、株式会社シマノにおける最高級国産ギア母材の、圧延加工を当社で100%請けおっております。
 
     

 

 

 

より薄く!より強く!

さらに板厚精度が求められる時代へ!

蝶番 ゲームコイン 自転車スタンド

 ドア金具を製造されているお客様に母材を納入しております。
お客様が以前使用していた母材は板厚のバラつき及び硬度不足の為、変形による不良品の発生でお困りでした。
当社の圧延材をオススメしたところ、高い表面硬度と均一な板厚で綺麗に成形することが可能となりました。
その上、表面が美しいので塗装やメッキの下地加工(ショット加工・酸洗い等)が不要となり、今ではとても重宝して頂いております。

このように当社の冷間圧延技術を知っていただく事でお客様のさらなる飛躍につながります。
今後、自動車などに使用される部品は軽量化が進む為、より薄く!より強く!さらに板厚精度!が求められる時代となっていきます。
そのような需要にもお応えし、当社の冷間圧延技術を存分に発揮していきたいと思っております。

 

↑ このページのトップ ↑

コイル・鋼板の販売

 

 

 

 

お客様の注文に応じた母材コイル・スリットコイル及び鋼板・切板の販売をさせて頂いております。
三幸グループの仕入力を活かし、新日鐵住金株式会社をはじめ多くのメーカーとの取引があり、普通鋼から特殊鋼まで幅広く取り扱っております。
お客様がより満足できる提案をさせて頂きますのでぜひ当社にお問い合わせ下さい。

「お客様に喜んで頂く」

これが私達のモットーです

 

 

 

 

 

  

 

工場設備

 

 

 

[ コイル圧延部門 ]
 

製品板厚1.4mm~6.0mm最大25%の圧下率を有し、月産1,000トンの加工能力があります。

製品全長にわたり厚みを自動計測し、モニタリングする装置を搭載しています。

製造部

圧延チーム 奥村俊

平成17年度入社

 

私はコイル圧延ラインのオペレートを担当しています
冷間圧延は同じ条件(厚み 幅 材質)の加工でも気温やロールの状態、母材品質により仕上がりが変わるので、その都度セッティングを調整し加工しています
加工中にも厚みが変化するので常にモニターでチェックし0.01㎜単位の微調整を行っています
チーム全員でより良い製品をお客様に提供できるよう何事にも前向きに取り組んでいきます。

 

 

 

[ シャーリング部門 ]

1.6mm~12.0mm月産500トンの加工能力があります。
洗練された技術により、高品質を維持しております。

 

製造部

シャーリングチーム 菊池隆夫
平成19年度入社

 

私はシャーリングを担当しています。
作業をする中でキズ、板厚、寸法には特に注意し作業をしています
技術や知識で先輩方に早く追いつけるよう日々努力をし続けていきます
また、即納できる体制でお客様に喜んで頂ける「小回りの利くシャーリング屋」として今まで以上の品質向上と効率アップに取り組んでいきます。
 

 

 

↑ このページのトップ ↑

加工能力一覧

 

 

 

[ 圧延部門 ]

≪ コイル圧延ライン ≫

≪ シート圧延ライン≫

 

 
[ シャーリング部門 ]

 

[ スリッター部門 ]
 

 

↑ このページのトップ ↑

  株式会社 NASSH

  本社      〒590-0977 大阪府堺市堺区大浜西町6-2 TEL:072-222-5744 FAX:072-222-5988

  営業部・工場 〒592-0001 大阪府高石市高砂3-20         TEL:072-268-1271   FAX:072-268-1275

Copyright(c) SANKO KINZOKU CO.,LTD. All rights reserved.